×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プラセンタ サプリ・お試し口コミレビュー【使用前・使用後の写真アリ】

 

 
当サイトが役に立ちましたら、クリックをお願いしますm(__)m

 


<お試し口コミ・レビュー一覧>
プラセンタつぶ5000 プラセンタ100 キレイ・デ・プラセンタ
プラセンタEX100 まるっとプラセンタ

トップページへ

ぷらせんた


 


バストアップDVD・全額キャッシュバックキャンペーン中!




プラセンタ口コミレビュー

プラセンタについて その1記事一覧

プラセンタとは胎盤のことです近頃、美容に良いとされるプラセンタ。プラセンタ(placenta)とは英語で、日本語訳は胎盤のことを指します。胎盤は1つの受精卵を胎児へと育てるためにメスの妊娠期間中にのみ、子宮の中で作られる器官です。全ての地球上の哺乳類(ヒトや牛・豚・馬…等々)だけに存在します。人間の場合、命はたった1つの受精卵から始まって十月十日といわれるように、約10カ月という期間で約60兆もの...

プラセンタ(placenta)とは英語で、日本語では「胎盤」のことです。胎盤は1つの受精卵を赤ちゃんに育てるために妊娠期間中にだけ子宮の中で作られる器官であり哺乳類(人、牛、豚、馬など)だけに存在します。人間の生命はひとつの受精卵からはじまり約10ヶ月という短い期間で60兆個もの細胞を持つ胎児に成長します。この期間、まだ人間の身体として十分ではない胎児のためにタンパク質やブドウ糖の合成、酸素や栄養...

プラセンタの歴史は古く遡ること、紀元前…。紀元前460年ごろに古代ギリシャのヒポクラテスが医療に利用していたそうです。ところは変わり、古代中国でも秦王朝の祖、秦の始皇帝が不老長寿の薬として用いていたとされています。美の世界ではクレオパトラや楊貴妃、そしてマリーアントワネットなど様々な国の「世界的美女」と言われた女性たちが美容と若さを保つために使用していたと伝えられてます。1596年、明時代の医学書...

古くは紀元前460年頃、「医学の父」と呼ばれる古代ギリシャのヒポクラテスが治療に利用していました。古代中国では秦王朝を築いた秦の始皇帝が不老長寿の妙薬として使用していたと伝えられています。美容の世界ではクレオパトラ、楊貴妃、そしてマリーアントワネットが若さと美を保つために使用していたと言われています。また1596年、明時代の古代医学書「木草網目」ではプラセンタが「紫河車」の名で紹介されており、その...

プラセンタ注射はそもそも医薬品として更年期障害の治療薬「メルスモン」や肝硬変治療薬の「ラエンネック」などがあります。美容目的におけるプラセンタ注射のメリットは即効性が期待できる点にあります。デメリットとしては費用が高額になること。注射1回あたり約4,000円以上で2〜7回程接種することで効果が表れます。(別途、診察料・通院費もかかります)そして効果を持続させるには引き続き通院・注射をしなければなり...

プラセンタ注射はそもそも医薬品として1959年に肝硬変の治療薬『ラエンネック』に認可を受けたのを始めに他にプラセンタを原料とした更年期障害の治療薬『メルスモン』があります。美容目的におけるプラセンタ注射は医師による診察が必要で通院する必要があります。注射1回あたりおおよそ約4,000円以上。何回かは接種しなければ効果は表れません。また、効果を持続させるために最低週に1回は引き続き通院して注射をしな...